換気扇交換や取り付けを行なって住環境改善│住まいのリフレッシュ

作業員

劣化していく

インテリア

定期的に設備の見直しと取り換えが必要

物には、耐久年数というものが存在します。やはり、人工物は一生保つということはありませんし、時間の経過とともに徐々に劣化していきますよね。そして、劣化していくと機能性が保てなくなることもあります。そうなると、元はとても便利なものだったとしても全くの役立たずになってしまうこともあります。その要因の一つとして、経年劣化があります。便利なものというのは、言い換えるとよく使うものですよね。特に生活に密接に関わるものであれば、その遣う頻度もかなりのものだろうと思います。しかし、遣う頻度が多ければ多いほど、そのものに対しての負荷もどんどんかかってきますよね。その負荷に耐え切れる時間が耐久年数なのです。ここで取り上げているインターホンの場合は、だいたい15年程度と言われています。常に電気が通っているものですし、来客の際には使われるものですから、15年という長い期間の間に相当な負荷がかかっていることでしょう。もちろん、インターホンを一回使った時の負荷というのは小さなものですが、それが15年となるとやはり相当なものですし、むしろよくその長い期間保ったなとも思えるくらいですよね。インターホンも時代にそってカタチがどんどん変わってくるものですから、やはり15年前と同じカタチのものがなくなっていることも十分考えられます。その時々によって新しいものを玄関に取り入れていくことも必要だと思いますよ。